食べ物からアルギニンを摂取する効果的な方法とは?

アルギニンは健康維持に役立つ成分になります。

そして、天然成分なので、普段の食事からアルギニンを摂取する事は可能なんですね。

ただ、即効性が無い分、継続的に摂取しなければならないというところはちょっと難点ではありますが、有用な成分の1つだと思います。

あらかじめアルギニンが多く含まれている食材などを把握しておけば、効率的にアルギニンを摂取できると思います。

アルギニンを食事から継続的に摂取したいという方は知っておいて損はないと思います。

それではどのような食材にアルギニンが多く含まれているのでしょうか?

ここでは食べ物からアルギニンを摂取する効果的な方法について解説したいと思います。

 

【目次】

 

アルギニンは食生活だけでは摂取し切れない!

普段の食生活からアルギニンの効果を手に入れるためにはどのような食べ物を食べたら良いのでしょうか?

アルギニンというのは、毎日摂取しなくては効果が期待できないと言われている上に、食生活だけでは摂取し切れないとも言われているんですね。

たくさんの食べ物の中にアルギニンは含まれているのですが、むやみやたらに食べるよりは効率的に食べた方がアルギニンの吸収量も違ってくるみたいなんですね。

アルギニンが多く含まれている食材を意識して摂取するだけでも、かなり効率的になると思います。

この辺を意識するだけでも全然違ってくるかと思います。

ここではある程度アルギニンの含有量が多い3つのカテゴリーについて解説していきます。

 

アルギニンが含まれる食材:大豆製品

まず大豆製品にはアルギニンが多く含まれているんですね。

主には納豆・高野豆腐・味噌などがありますが、アルギニンをメインにして考えてみると高野豆腐が最も含有量も多くて効果的に吸収できると言われております。

アルギニンとビタミンB6というのは、身体の中での働きに欠かせないもので、一緒に摂取した方が良いと言われています。

そのためにビタミンB6が含まれている海苔と一緒に食べて頂ければ良いと思います。

しかし、現実的には毎日高野豆腐を食べ続けるという事は難しいと思います。

味噌も毎日味噌汁を飲むという方は継続的な摂取は可能ですが、1日のアルギニンの摂取量を到達させる事は難しいですね。

 

アルギニンが含まれる食材:肉類

次に大好きな人が多い肉類になりますが、最もアルギニンが含まれているのが鶏肉なんですね。

調理方法の1つとして、一緒に醤油を使って料理をする事で、鶏肉の脂肪を酸化する働きを防いでくれるそうで、効果的にアルギニンを摂取する事ができるみたいなんですね。

オススメの調理法としては、鶏肉を醤油に漬けて蒸す料理ですね。

肉類については、鶏肉以外にも豚肉や牛肉もありますし、味付けや料理方法も色々とできますので、割と摂取しやすい方だと思います。

多くの人がお肉が好きという事もあって、割と継続的に摂取がしやすい食材の1つだと思います。

料理としてのバリエーションも多いですし、味付けなどを変えていけば、毎日の摂取も不可能ではないと思います。

 

アルギニンが含まれる食材:魚介類

魚介類も肉類と同じようにメインのおかずになりやすい食材になりますし、種類も多いので、頑張れば割と摂取しやすいかと思います。

魚介類の中でもエビが最もアルギニンの含有量が多いみたいですね。

エビの成分には動脈硬化を防ぐ物質も含まれている上に、血行が良くなりますので、冷え性の改善にも役割を果たしてくれるそうです。

アルギニンとビタミンCを一緒に摂取すると、動脈硬化予防効果がとても高いと言われておりますので、オススメの組み合わせなんですね。

さらに、アミノ酸も合わせてアルギニンとバランス良く組み合わせて摂取できるようにしましょう。

 

普段の食事から継続的に摂取する事は結構難しい!

アルギニンというのはある程度1日の必要摂取量というのがあって、それを継続的に摂取する必要があるんですね。

そして、普段の食事から継続的に摂取する事は結構難しいと言わざるを得ません。

でも、不可能ではありません。

アルギニンが含まれている食材というのはたくさんありますので、それを使ったレシピを考えたり、料理したりするのが手間が掛かるという事なので、このような事が得意という事であれば、食事からでの継続的な摂取も可能だと思います。

ただ、ほとんどの人はかなり大変だと思いますので、継続的なアルギニンの摂取にはサプリメントもしっかりと検討した方が良いと思います。

サプリメントであれば、毎日決まった量を継続的に摂取する事ができると思います。

サプリメントは普段の食事からでは足りない栄養分を補う事ができますので、アルギニンについても食事からでは足りない分を補う事ができるんですね。

もちろん、食事だけ摂取できるに越した事はないですが、現実的にはかなり難しいので、是非サプリメントの利用も検討してみて下さい。